ハウスメーカーで建てる注文住宅の特徴

注文住宅を建てる時に悩むのが、どこに依頼したらよいかと言う点になりますが、特徴やメリットを理解すれば自分に合ったところが探しやすくなります。
依頼先の中でも、最新の工法や特徴ある構造を採用しているのが、ハウスメーカーが作る注文住宅です。

独自の開発によって強度や施工のしやすさを追求した構造は、安定した品質を確保することができますし、工事のしやすさは施工期間の短縮にも繋がっています。



独自の構造を採用していると言う点では、ハウスメーカーの作る注文住宅は既製品に近い感覚を持つことができます。


既製品ですから、その分資材の製作工程においても組み付け精度においても高い品質を誇っています。
ハウスメーカーの作る注文住宅は、一定の規格品となっている場合が多く、基本的には規格内での小変更にしか対応できない特徴があります。ですから、本来注文住宅が持っているはずの自由度の高さは、ほとんど持ち合わせていないのが現状です。


これは規格品としてコストを重視しているのが理由ですので、経済性を求めなければ通常の注文住宅と同様に自由な設計プランを計画することができます。ただし、標準的な仕様をいかに安く抑えるかが経済性を高めることに繋がりますので、自由度の高さを求める場合にはそれなりの工夫や選び方が必要になります。

ハウスメーカーの注文住宅では、在来工法のような自由度の高さはありませんが、その分カタログを見るような感覚で豊富なプランの中から好みの商品を選ぶことができます。



また購入者が経済的な選択ができるように、ブランド化された商品展開をしているメーカーもあります。

ハウスメーカーが作る注文住宅は、工務店や設計事務所が作るものよりも割高な場合が多くなります。



宣伝やモデルルームを多く抱えていますので、その分の経費が建築コストに加味されているのが理由です。


ハウスメーカーの注文住宅を選ぶメリットは、知名度からくる社会的責任の高さから高品質であることや、安心感を持てる事にあります。